国内旅行の穴場の紹介(山形県銀山温泉)

山形県

国内旅行の行き先が山形県であれば

来訪ありがとうございます。

今回は、山形県の米沢や庄内に行く場合の穴場、「銀山温泉」についてご紹介します。

銀山温泉は山形県の南東部、尾花沢市に位置します。

銀山温泉は、温泉はもちろんのこと、昭和61年に制定された「銀山温泉家並保存条例」によって守られた、非常に風情ある旅館を楽しむことができます。

また、その大正ロマンに満ち溢れた景観は、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

静かに流れる銀山川を挟んで、大正から昭和初期に建築された木造宿が軒を連ねる贅沢な穴場です。
ガス灯と夜霧に濡れた石畳が映える夕景や、冬の雪景色は絶景ですよ。

さらに、NHKの伝説の朝ドラ「おしん」の育った地も、こちら銀山温泉ですね!

こちら、ぽちっとお願いします!
情報配信の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「銀山温泉」の画像検索結果

銀山温泉へのアクセス

東京駅から山形新幹線つばさに乗って「大石田」駅まで約3時間半。

大石田駅から路線バスに乗り換えて約40分で国内旅行の穴場「銀山温泉」です。

バスの時刻表はこちら。

また、東京浜松町駅から夜行バスサンライズ号が出ていますので、安く行きたいかたはこちらがおすすめです。

サンライズ号の時刻表はこちらです。

ただし、尾花沢待合所というバス停で降りて路線バスに乗り換える必要があります。

名古屋、大阪、札幌、九州、沖縄からなら飛行機で山形空港まで約1時間から2時間、その後空港からはながさバスという路線バスで1時間で銀山温泉に到着します。



じゃらん特集一覧

銀山温泉の穴場観光スポット ①白根の滝

銀山温泉の観光は、こちらのマイナスイオンたっぷりの白根の滝からスタートしましょう。

日ごろのストレスやけがれもキレイに浄化されます。

「銀山温泉 白根の滝」の画像検索結果

そして、たっぷりと白根の滝のマイナスイオンを吸ったら銀山温泉へ向かいましょう。

この白銀の滝は、銀山温泉の温泉街の最も奥の突き当たりにある白銀公園にあります。

穴場らしく散策路の入り口にひっそりと入り口があります。

30メートルの高さから落ちる姿はとても迫力があります。

温泉街からも近いので、浴衣姿の観光客も多いのですが、実は国道沿いにあるので、ドライブついでに立ち寄れる穴場観光スポットなのです。

銀山温泉の穴場観光スポット ②山の神神社

ありがたい滝のマイナスイオンで清められたあとは、いにしえからの延沢銀山の守り神だった神社へお参りしましょう。

この山の神神社は、家内安全や子宝安産・夫婦円満の神様がまつられています。

特に、子宝祈願は観光客にも有名です。

銀山温泉自体が元々は子宝温泉ともいわれているのです。

もちろん、観光客だけではなく地元の人々にも信仰されてきた神社です。

お堂には、木で作られた男性のシンボルが奉納されているというから驚きですね!

山の神神社は、銀山温泉街の一番下流側にあるお寺の脇から坂道をのぼったすぐのところにあります。

「銀山温泉 山の神神社」の画像検索結果

 

銀山温泉の穴場観光スポット ③銀山温泉お湯めぐり

滝と山の神神社で清められたら、お待ちかねの銀山温泉です。

銀山温泉には、観光で訪れた人たちも気軽に立ち寄ることの出来る共同浴場が二つあります。

もっと気軽に温泉気分を味わいたいなら足湯もおすすめです。

銀山温泉は全長1キロほどのこじんまりとした温泉街なので、温泉をはしごして楽しむこともできます。

共同浴場の源泉は、どちらとも源泉かけ流しのぜいたくな温泉です。

共同浴場「大湯」

銀山温泉街の中心にあるのが、共同浴場の一つ目「大湯」です。

銀山温泉の雰囲気そのものの外観が素敵です。

建物の一階部分が、浴場になっていて、料金箱に300円の入浴料を入れるシステムです。

男女別の内湯が一つずつあるシンプルなつくりです。

「銀山温泉 大湯」の画像検索結果

泉質は、含硫黄ナトリウム塩化物・硫酸温泉。

お湯は硫黄の香りがして、少々熱めですが気持ち良いくらいの熱さですね。

レトロな温泉ですが、隅々まで丁寧に掃除が行き届いているので、安心して入浴ができます

共同浴場「しろがね湯」

銀山温泉を散策しているても、ついつい見落としてしまうほどモダンな外観の共同浴場が二つ目の「しろがね湯」です。

銀山温泉の中心にある「大湯」に対して、「しろがね湯」は温泉街の手前にあります。

黒い縦格子が印象的な造りになっていて、細い三角形のような狭い土地に建っているのが特徴です。

「銀山温泉 しろがね湯」の画像検索結果

実はこの共同浴場を設計したのは、新国立劇場の設計も手掛けた建築家の「隈研吾」さんという方です。

男女別の浴槽は、一階と二階にあって男女入れ替え制になっています。

泉質は大湯と同じ。

入湯料は1人500円です。

他にはないデザインの共同浴場を穴場スポットで楽しみたいですね。

銀山温泉の穴場グルメ

銀山温泉の穴場グルメについてもご紹介します。

こちらは山形牛で有名な尾花沢市の一角なので、当然山形牛はおすすめの一品です。

さらに、こちらの銀山温泉では色々な名物の食べ歩きもできるので、グルメ好きな方にもおすすめの穴場なのです。

銀山温泉の穴場グルメ ①はいからさんのカリーパン

山温泉の温泉街を散策していると、この包み紙をたびたび目にすると思います。

「銀山温泉 カリーパン」の画像検索結果

銀山温泉名物ともなった揚げたてのカレーパンがこちらです。

このパンの生地には山形産の小麦「ねばりごし」を使用しています。

なつかしい味のするカレーパンは数量限定で大人気のため、夕方には売り切れてしまこともあります。

場所は温泉街の奥・白銀公園の入り口近くです。

浴衣を着て下駄をカランコロンと鳴らしつつ頬張るカレーパンは銀山温泉の名物です。

銀山温泉の穴場グルメ ②野川とうふや

銀山温泉のもうひとつの目玉グルメが「野川とうふや」の手作り豆腐です。

こちらは銀山温泉街の入り口近くにあり、ここから始まる温泉街に胸をときめかせることが出来る、そんなお店です。

できたてのトロトロの豆腐はまさに究極の豆腐です。

店の目の前の足湯につかりながらできたてフワトロの豆腐を味わうのも最高です。

お店は朝の7時半という早い時間からオープンしていますが、売り切れ次第閉店となります。

通常は15時ごろには売り切れてしまうことが多いので要注意です。

また、こちらの「生揚げ」も人気です。

カリッと揚げた表面の食感と大豆の味を閉じ込めた豆腐の生揚げはまた美味ですよ。

「銀山温泉 豆腐」の画像検索結果

 

銀山温泉の穴場グルメ ③伊豆の華の揚げなすおろしそば

いつも観光客の行列ができている銀山温泉でも屈指のおそば屋さんです。

昭和27年創業の老舗店で、地元尾花沢産のそば粉「最上早生」を使った香ばしいそばを味わうことができます。

特に人気なのが、揚げなすおろしそば950円となります。

そばの香りと揚げなすのコクとうまみが、大根おろしのさっぱりとした味わいと素晴らしいハーモニーを醸し出す最高の一品です。

古民家を改築した店内は、ノスタルジックな銀山温泉の代表的なお店といっても良いほどの雰囲気があります。四本もある一本梁(はり)が、歴史の重みを感じさせてくれますね。また、おそばだけではなくカフェタイムには、コーヒーやスィーツも味わうことができます。蕎麦白玉クリームぜんざいなど、おそばやさんならではの甘味も充実しているので、女性にはたまりません。

いかがですか?

大正ロマンを肌で感じることができる国内旅行の穴場、銀山温泉をご紹介しました。

豊かな大自然を感じることもできる銀山温泉は、新緑の季節や赤く染まった紅葉の季節はもちろんですが、何と言っても雪景色が最高に素晴らしい温泉地です。

ほのぼのとゆれるガス灯のあかりと雪のコントラストは、ファンタジーの神髄ともいえるのではないでしょうか。

「銀山温泉 」の画像検索結果

このこじんまりとした山形の穴場秘湯、銀山温泉にぜひともお越しください。

コメント