国内旅行の穴場の紹介(香川県庵治町)

香川県

国内旅行の行き先が「うどん県(香川県)」ならば

来訪ありがとうございます。

今回は、国内旅行の行き先が「うどん県」(香川県)の方に、おすすめの穴場をお伝えしたいと思います。

四国、香川県といえば、何と言っても思い浮かぶのは「うどん」、その次には「金毘羅山」ではないでしょうか。

あとは源平合戦の古戦場の屋島や、栗林公園などが主流でしょう。

こちら、ぽちっとお願いします!
情報配信の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

香川といえばうどんとこちらの穴場がおすすめ

香川県は瀬戸内海に面した非常に風光明媚な土地です。

瀬戸内海の穏やかな海には沢山の小島が浮かび、その間を行き交う船のある風景は、まるで繊細な水彩画の世界のようです。

また、海というにはあまりにも穏やかなその姿から、初めて瀬戸内海を見た中国人が、

「日本にも大きな川があるんですね。」

と、思わず大河と見間違えるほどの悠久の時の流れを感じさせてくれます。

「瀬戸内海」の画像検索結果

 

また、少し前に流行った映画・ドラマの「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台となったのもこちら庵治町です。

あの美しくて切ない世界観はここから生まれたのですね。

香川における瀬戸内海の神髄を味わえる穴場が庵治町

そして、このような瀬戸内海の神髄を感じることができる穴場スポット、それが庵治町なのです。

この絵画のような情景を「瀬戸内ブルー」と表現すればいいのか、上手い表現がなかなか見つかりません。

穏やかに打ち寄せる波の音しか聞こえない浜辺、そして一面に広がる空色の海、その先には小さな島々が星のように散りばめられ、見る人の心を掴んで放さないのです。

そして夕暮れ時、海はだんだんとオレンジ色に染まり、静寂さを割り切ったような浜辺には、さざなみの微かな音色と遠くにわずかばかり聞こえる船の汽笛。

そこでは、生まれてはじめて時の流れを目にしたかのような恍惚に満ちた体験をすることができるでしょう。

「瀬戸内海 夕暮れ 島々」の画像検索結果

 

庵治町へのアクセス

庵治町へはJR高松駅からことでんバス庵治線で約30分です。

または、JR高松駅からすぐの、琴平電鉄高松築港駅から八栗駅まで電車で約30分。そこからバスで約10分です。

高松空港からはレンタカーで約50分ほどです。

または、空港バスでJR高松駅まで約20分、そこから上記のバスや電車で向かうのも良いでしょう。



じゃらん特集一覧

高松市内からもすぐなので、その他メジャーな観光スポットやうどん屋さんへのアクセスもきわめて良好な穴場です。

ちなみに、琴平電鉄は、全国の私鉄から「お古」の車両を譲り受けていますので、今では見られない昔懐かしのレトロな車両にお目にかかれるかもしれません。

電車マニアの方にはこれまた穴場スポットですね。

「フリー素材 琴平電鉄 車両」の画像検索結果

 

庵治町の穴場観光 ①静寂の極みを味わうこと

この世の「静寂さ」を割り切った世界、「静謐な空間」を肌で味わっていただくことが出来ます。

おすすめの時間帯は、夕方から日が沈む夕焼けのころ、または朝日が昇る朝焼けのころです。

しかし、昼間の穏やかな日差しを受けながら浜辺で静かに目を閉じるのもまた心地の良い時間です。

また雨の日でも、この静寂に満ちた透明な世界に雨音という音色が優しく加わる瞬間をしみじみと味わうこともできるのです。

庵治の白砂の浜辺、または純愛の聖地城岬公園、そして喫茶店「寫眞館」でじっくりと淹れた珈琲と共に静謐な空間を享受することもおすすめです

「寫眞館 庵治」の画像検索結果

「城岬 庵治」の画像検索結果

「ビーチ 夕暮れ 庵治」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

庵治町の穴場観光 ②小さな港町の温泉で癒されること

庵治温泉は、香川で一番最初に出た天然温泉で、泉質はとても滑らかでやわらかいため、保湿・温浴効果にも優れ、入浴後は湯冷めしにくく、芯から温まることができます。

源泉は、庵治半島を形作る岩盤の地下深くに封じ込められた水が長い時間をかけ、源泉成分となる様々な有効成分が溶け込んで生成されました。まさに「大地の恵」です。

旅館や民宿も有り、日帰り入浴も可能ですので、ぜひとも庵治温泉で心身ともに癒されてください。

また、庵治漁港では毎週日曜日の8時から9時に朝市を開いています。

そこでは新鮮な地元の魚介を買うことができますし、あつあつの天ぷらを食べることもできますよ。

天然の真鯛、マダコ、ヒラメ、カレイ、海老、シャコ、アワビ、サザエなど、市場では季節によって様々な魚介類を味わうことが出来る穴場グルメスポットなのです。

「庵治 朝市」の画像検索結果

 

庵治町の穴場観光 ③四国八十八か所霊場のひとつ「八栗寺」参拝

庵治半島にある五剣山(標高 366m)には、四国霊場第八十五番札所である八栗寺があります。

そこへは八栗ケーブルカーで参拝いただけます。

神仏混淆である八栗寺は、四国八十八ヶ寺である以外に、お聖天様と呼ばれ親しまれている歓喜天という神がまつられており、開運厄よけ、商売繁盛の寺としても崇められています。

八栗寺はケーブル山上駅より徒歩約 4 分です。 また山上や車窓からは、屋島を一望できます。

登山口駅近くには、石の民俗資料館(八栗ケーブルの在る牟礼町、庵治町は庵治石で全国的にも有名)や、 表参道途中には、山田家という老舗の穴場うどん店もあります。

「八栗寺」の画像検索結果

さあ、ぜひともうどん県(香川県)へ行かれる際には、こちらの穴場

庵治町で静寂さと透明さを心で味わってみてください。

きっと今まで見えなかったものが見えてくると思います。



じゃらん特集一覧

コメント